個別ニュース
直近のニュース5日分へ!!>







2009年09月07日(月) 17時46分
みずほがタカラバイオを新規に1

 みずほ証券では、タカラバイオ <4974> の新規カバレッジを「1」で開始した。目標株価は29万8000円。  みずほ証券ではタカラバイオの強みは、研究用試薬で日本と中国におけるトップシェアを占めている点だとしている。特に中国は世界で唯一、遺伝子治療の発売を認めている国で、今後10年間で平均20%程度の成長が見込めると予想している。(A.K) 山大、発行株の2.6%上 限に自社株買い  山大(JQ) <7426> は4日、15万株(発行済み株式総数の2.68%)、金額で2100万円をそれぞれ上限に自社株買いを行うと発表した。9月8日から11月30日の期間に実施する。(H.K) ファースト住建、今10月 期業績を上方修正  近畿圏が地盤で戸建て分譲住宅主体のファースト住建(大証二部) <8917> は4日、09年10月期の業績予想の上方修正を発表した。売上高は従来の330億円から340億円(前期比3.1%減)に、経常利益が6億2000万円から13億4000万円(同85.9%増)、当期純利益も2億円から7億7000万円(同14倍)にそれぞれ増額した。  厳しい経営環境に対応して完成在庫の販売促進や事業サイクルの短縮に取り組んだ結果、戸建て分譲住宅の販売棟数が予想を上回って売上高が増加。完成在庫の圧縮に加え、建築原価見直しによるコスト削減や土地仕入れコストの抑制に努めたことも採算改善につながった。(H.K) OSGコーポが業績増額・ 増配を発表  浄水器などのOSGコーポレーション(JQ) <6757> は4日、2010年1月期業績の上方修正を発表した。通期の連結営業利益は従来予想を1億6000万円上回る3億4000万円(前期比3.3倍)になる見通し。人件費を除く販管費を見直したことなどが要因。年間配当金を従来予想に比べ5円増配の10円とする方針も明らかにしている。(H.W) 大和証が積水ハを格上げ  大和証券は積水ハウス <1928> の投資判断を「3」から「2」(強気)に引き上げている。目標株価は1000円程度を想定。PBRが大和ハウスなど主要住宅メーカーを下回っているなどが理由。リポートでは「2011年1月期は、受注モメンタムの改善や都市再開発事業の貢献により4期ぶりの営業増益を予想する」などとしていた。(H.W)
[ラジオNIKKEI]

戻る