個別ニュース
直近のニュース5日分へ!!>







2006年11月29日(水) 15時11分
29日インスペック大幅安、上期減収赤字転落を嫌気

 半導体検査装置メーカーのインスペック(マザーズ) <6656> が大幅続落し、マザーズ市場の値下がり率トップとなった。28日に2006年10月中間期の業績を下方修正し、当初の増収・減益予想から一転して減収・赤字に転落すると発表したことが嫌気された。テープ検査装置の受注が、顧客からの要求スペックの高度化に対応してバージョンアップ作業を実施した影響で下期に集中し、売上が計画比未達となる。また新規顧客に販売した初号機の仕様変更と追加要求対応のため、当初計画以上にコストが増加した。通期の予想は変更していない。(E.K)
[ラジオNIKKEI]

戻る