個別ニュース
直近のニュース5日分へ!!>







2006年06月19日(月) 15時51分
タカラバイオが中国教授らとエイズ薬で共同研究

 タカラバイオ(マザーズ) <4974> と、中国疾病予防管理センター 国立エイズ性病予防管理センター ウイルス免疫学研究部門長である邵 一鳴(シャオ・イーミン)教授らのグループは19日、タカラバイオが開発したRNA干渉酵素を用いたエイズ遺伝子治療法のサルでの試験を目指した共同研究を行うことで合意したと発表した。(H.W)
[ラジオNIKKEI]

戻る