個別ニュース
直近のニュース5日分へ!!>







2006年04月04日(火) 13時41分
4日アニメ・「萌え」関連に急騰が目立つ

 ブロッコリー(JQ) <2706> やコーエーネット(同) <2697> 、プロダクション・アイジー(同) <3791> 、マッグガーデン(東証マザーズ) <3720> 、まんだらけ(同) <2652> 、GDH(同) <3755> 、日本ファルコム(同) <3723> 、ガンホー・オンライン・エンターテイメント(HC) <3765> 、アエリア(同) <3758> などアニメ関連、「萌え」関連銘柄に急騰するものが目立つ。とくに新規の材料が出たわけではないが、国際的に評価の高い日本のアニメーションに対して欧米やアジアなどでの注目度が高まっており、「このところ雑誌などで特集される例も目立っている」(業界筋)。こういった動きを受け個人投資家中心に関連銘柄を買う動きが強まっているもよう。  また、東京・秋葉原において3月9日に開業した再開発エリア「秋葉原クロスフィールド」には“アニメの殿堂”として「東京アニメセンター」がオープンした。イベント施設や3Dシアター、限定商品の売場などを併設。海外へ情報発信する機能も持つ施設となっており、これが今後の世界規模でのさらなる評価向上につながると期待する向きもあるようだ。一方で「短期資金が多く回転は速そう」(中堅証券)といった声も聞かれている。(H.K)  
[ラジオNIKKEI]

戻る