個別ニュース
直近のニュース5日分へ!!>







2005年11月15日(火) 10時40分
ハピネット、Xbox360効果で今期売上拡大

 ハピネット <7552> は14日、今3月期9月中間期の決算説明会(発表は11日)を発表した。今3月期の連結売上高は8.9%増の1530億円、経常利益は15.5%増の35億円を計画している。主要取引先のバンダイにおいて「たまごっち」等がヒットしており、玩具事業の採算性が改善する。また、12月に発売されるXbox360(さんろくまる)の小売店向けの販売を手掛けていることから、ビデオゲーム事業の今期の売上高は424億円と前期比47.8%の大幅な増加を計画する。  Xbox360については、日本マイクロソフトのオフィス内にハピネットの営業所を設置し、店舗情報の収集、売場メンテナンスの充実に力を入れる。Xboxの前機種については期待外れの販売結果に終わったが、今回は「前機種よりも遥かに良い感触を得ている」(石川取締役)としている。前週末時点で計画している販売台数に対して20−25%の予約を確保しているという。15日からテレビコマーシャルが本格化する見通し。360販売の収益面への効果については「守秘義務があるので数字は言えないが、ローリスク・ローリターンの契約内容」(苗手社長)としている。(S.K)
[ラジオNIKKEI]

戻る