個別ニュース
直近のニュース5日分へ!!>







2005年09月02日(金) 10時00分
2日アンジェスMGが大幅高、MSが新規に強気判断

 アンジェスMG(マザーズ) <4563> が大幅高となっている。モルガン・スタンレー証券が1日付で同社株の投資判断を新規に「オーバーウェイト」(強気)としていることが手がかり材料。MSではバイオ業界の業界投資判断をアトラクティブ(前向き)として調査を開始。リポートでは「06年は日本のバイオ業界にとって大きな転換点となる年と、我々は位置付けている」としている。  中でもアンジェスについては「新薬のクオリティ、黒字後の業界成長率の高さ、ニュース価値の高さ、の3点にについて上位にあると考えている」とし、目標株価を80万円に設定した。そーせい <4565> は「イコールウェイト」で目標株価62万円、タカラバイオ <4974> については「アンダーウェイト」(目標株価19.5万円)としている。タカラバイオについてはバイオ業界の主役から転落することは考えにくい、と前置きしたうえで「中長期の方向性がわかりにくくなっている」と指摘していた。(H.W)
[ラジオNIKKEI]

戻る