個別ニュース
直近のニュース5日分へ!!>







2005年08月15日(月) 17時00分
豆蔵の3Q、経費増響き経常85%減も初の配当実施

豆蔵(マザーズ) <3756> は15日、2005年9月期第3四半期の業績を発表した。売上高は10億7300万円(前年同期比1.7%減)、経常利益は1200万円(同85.2%減)、当期純利損益は500万円の赤字(前期は4800万円の黒字)だった。事業拡張のための人員採用費用や上場関連費、本社移転費用など経費増が響いた。これを受けて同社は9月通期の売上高を16億2300万円から16億100万円に、経常利益を1億8900万円から1億3800万円に、当期純利益を1億円から7100万円にそれぞれ下方修正した。販管費の増加に加え、「開発部門からコンサルティング部門への人材シフトが遅れたことも要因」(同社担当者)。 なお、同社は期末配当2000円を実施すると発表した。配当性向20%を目標に配当を実施するとしており、これが初の配当となる。(T.S)
[ラジオNIKKEI]

戻る