個別ニュース
直近のニュース5日分へ!!>







2005年05月17日(火) 09時21分
17日タカラバイオが大幅高、遺伝子治療の前進好感

 タカラバイオ(マザーズ) <4974> が大幅高となっている。同社が前日に国立がんセンターと白血病の遺伝子治療・臨床試験に向けた共同研究契約を締結したと発表したことが好感されている。遺伝子治療・細胞医療のため、一定の基準に合致した細胞調製施設(CPC)を国立がんセンター中央病院内に設置し、白血病に対する遺伝子治療の臨床試験を目指した共同研究を開始するという。「臨床試験入りが同社の遺伝子治療分野での開発ステージの大きな進展になる」(アナリスト)との見方があった。会社側では「CPCを実稼動させることにより、遺伝子導入したヒトリンパ球の試作製造、及び品質の確認作業を共同で進め、白血病遺伝子治療の治験開始に向けての基盤体制を早期に確立していく」などとしている。(H.W)
[ラジオNIKKEI]

戻る