個別ニュース
直近のニュース5日分へ!!>







2005年04月05日(火) 15時10分
タカラバイオが新しいエイズ治療法を共同開発

 タカラバイオ(マザーズ) <4974> 5日、イタリアの遺伝子治療企業モルメド社と、エイズ遺伝子治療のための新しいヒト・エイズウイルス(HIVー1)由来のレンチウイルスベクターを共同開発し、エイズ患者の造血幹細胞に治療用遺伝子を導入するという遺伝子治療法の開発契約を締結したと発表した。この新しいエイズ遺伝子治療法は毒(エイズウイルス由来のベクター)をもって毒(エイズ感染細胞)を制するという新しい概念に基づいているという。(H.W)
[ラジオNIKKEI]

戻る