個別ニュース
直近のニュース5日分へ!!>







2005年03月15日(火) 09時40分
15日タカラバイオが高い、遺伝子治療の開発材料視

 タカラバイオ(マザーズ) <4974> が大幅高となっている。同社と三重大学が前日の取引時間中に、肺がん、食道がんや頭頚部がん等の難治性のがんを対象とした遺伝子治療の臨床開発に共同で取組むことで合意したと発表したことが手がかり材料。三重大医学部で実施される第1相臨床試験及び早期第2相臨床試験を基に、それ以降の臨床試験をタカラバイオ主導で進める予定。前日の米国株式市場でバイオ関連株が人気を集めたことも株価の後押し要因になっているようだ。(H.W)
[ラジオNIKKEI]

戻る