個別ニュース
直近のニュース5日分へ!!>







2005年02月01日(火) 09時20分
1日カワムラサイクルは売り気配、下方修正を嫌気

カワムラサイクル(マザーズ) <7311> は売り気配の始まり。昨日、今3月期第3四半期業績と今期業績見通しの下方修正を発表し、失望売りを浴びた。昨年10月の上場来、株価が大幅に上昇してきた後だけに、売りが出やすい状態という。 同社は車椅子のトップメーカー。潜在需要の大きさから高成長が期待されていた。下方修正の理由について会社側は「福祉用具の利用制限があるのではないかとの懸念から福祉用具貸与事業者の仕入れに慎重な姿勢が見られた」としている。修正後の業績予想は売上高が前期比7%増の42億9000万円、経常利益は同21%増の3億3900万円。下方修正とはいえ増収増益基調は維持する見通し。 高齢者人口が今後大幅に増える見通しにあることや、車椅子の利用状況が1割程度と低いことから、中長期的な成長シナリオに変わりはないものの、期待が大きすぎた反動で短期的な株価の調整は避けられない、とみられている。(T.O)
[ラジオNIKKEI]

戻る