個別ニュース
直近のニュース5日分へ!!>







2005年01月11日(火) 10時50分
11日タカラバイオが最高値、創薬株で出遅れと

 タカラバイオ(マザーズ) <4974> が上伸し、昨年12月15日の上場来高値23万6000円を更新した。このところのバイオ関連株人気が波及した格好だが、市場では「そーせいなど他の創薬ベンチャー株に比べて出遅れ感があった」との声が聞かれた。同社は韓国で血管新生遺伝子治療がフェーズ2となっている。これはアンジェスMGと同様の内容だが、韓国ではフェーズ2が臨床最終試験(日本はフェーズ3がある)であり、年内にも試験が終了。来年末には上市(販売開始)する計画となっている。(H.W)
[ラジオNIKKEI]

戻る