個別ニュース
直近のニュース5日分へ!!>







2004年12月20日(月) 11時30分
20日アエリアは連日S高、直近公開株に物色の矛先

アエリア(HC) <3758> が連日のストップ高となったほか、先週末17日上場のワールドロジ(HC) <9378> 、9日上場のパラカ(マザーズ) <4809> もストップ高。8日上場のダイセキ環境ソリューションズ(マザーズ) <1712> も連日の高値追いと勢いが止まらない。年末・年始はここ数年、新興市場にラリーが起きており、主役になるのは決まって直近公開株であることから、今回も同様のパターンを期待した投資家が直近公開株に狙いを定めているようだ。 もっとも、急騰しやすい銘柄の多くは公開株式数が少ない軽量級の銘柄。上げる時も早いが、下げに転じた時には株価の落ち方も厳しくなりやすい。人気が持続するかどうかは、企業の成長性と株価の位置が重要な鍵を握る。時流に乗る業態かどうか、成熟業種でも競争力があるかどうか、株価は類似会社などと比較して割安か割高か、といった的確な判断が求められる。(T.O)
[ラジオNIKKEI]

戻る