個別ニュース
直近のニュース5日分へ!!>







2002年12月05日(木) 11時25分
5日キリンが続伸、プリン体カットした発泡酒発売

キリン<2503>が続伸。痛風に関係するプリン体を90%カットした発泡酒「淡麗アルファ」を来年2月に発売する。価格は通常の発泡酒に比べ10円高い。2003年年間の出荷目標は大瓶換算で320万箱(普通の「淡麗生」の場合で6400万箱)。「ライトカテゴリーはヒットしないと業界ではいわれているが、糖質70%カットの発泡酒『淡麗グリーンラベル』が定説をくつがえしヒットした。そこで今回はさらにターゲットを絞った製品の投入に踏み切った」(広報担当)という。 酒類増税の影響を受けそうなビール業界だが、4日に読売新聞が「大衆増税の色彩を薄めるために、与党内でビールの減税案が浮上」などと報じたこともあり、キリンの他、アサヒ<2502>、サッポロ<2501>など大手ビール各社は前日反発していた。(T.N)
[ラジオNIKKEI]

戻る