会社案内 トップメッセージ

StockWeatherストックウェザー株式会社 StockWeather.com

情報を解りやすく、広く、早く、どこでも、便利に

当社が設立された当時と比べると、個人投資家層の拡大には目を見張るものがあります。年金問題や低金利の中で、今までのようないわゆる間接金融と呼ばれる銀行預金や郵便貯金から、人々の関心は、直接金融とよばれる、株式や投資信託という商品へ大きくシフトしています。
ところが、株式は日本に7つの取引所があり、そこで、約4000銘柄が日々取引をされています。この中から、将来値上りを予想される銘柄を選択したり、保有する銘柄を良いタイミングで売却するなど、ほとんど横並び金利で、自分のお金の出し入れに便利かどうかで選んでいた銀行預金などとは、比べ物にならない情報と、自分自身の判断を求めれらます。しかし、現代人は非常に忙しく、仕事・家庭・子育て・遊び、それでなくても忙しい日常の中で、じっくり時間をかけて銘柄選びや、売買タイミングを図ることは、難しいのが現実です。さらに、株式とはまさに会社の将来性を買うことになります。通常の生活の中では目にすることの少ない、売上高・経常利益・資本金などという経営の専門用語が飛びかうなかでの検討は、とかく直接金融の世界へ足を踏み入れることを躊躇させます。
ストックウェザーは設立当時から、金融情報をより解り易く身近に提供する、をモットーとしてきました。「ストックウェザーマップ」という、市場全体を色で表現しようという画期的な試みに始まり、音声認識や音声合成などの技術の利用、携帯での情報提供など、様々な形で、金融情報を解りやすく身近に感じていただける取組をしてまいりました。金融商品は、「自由化」という時代の流れの中で、ますます多様化し、複雑化していきます。当社は、これらの情報を解りやすく、広く、早く、どこでも、便利に、取得できるよう今後とも努力してまいります。

ストックウェザー株式会社 代表取締役 桐山康宏

プロフィール

ストックウェザー株式会社 代表取締役 桐山康宏(きりやま やすひろ)

1979年
NHKアイテック(NHK関連会社)入社
送出技術の設計、地方民間放送の置局計画及び送出関係設計、送出局自動検査システムの設計等、NHKの全国放送化の一助を担う。
1987年
大和証券入社、業務部所属
パソコン・ファミコンと2系統のホームトレードシステムのツール拡大、社内オンラインシステムの再構築、証券共同ATM設計、インターネットトレード開発等、主にシステム開発に従事。
1999年9月
ストックウェザー設立に参画。

早稲田大学理工学部卒業。1957年生まれ